トップ世界遺産の紹介アフリカ → ケニア共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

ラム旧市街

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称ラム旧市街
Lamu Old Town
種別文化遺産 / (ii)(iv)(vi)
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2001年
ケニア共和国
(首都:ナイロビ 言語:英語、スワヒリ語 通貨:ケニア・シリング 独立年月日:1963/12/01)
場所緯度:-2.28  経度:40.85
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:298,000円
概要

ラム旧市街は、東アフリカで最も保存状態がよいスワヒリ族系の建築物が現存している。 この点が評価されて、2001年に世界遺産に登録された。 ラム旧市街の家々は、珊瑚とマングローブを素材にして、建設されている。 また、家々の木製のドアには、緻密な彫刻がほどこされている。

19世以降、ラムでは主要なイスラム教の祭りが開催されている。 こういった側面でも、ラムは、イスラム教およびスワヒリ族文化の研究への重要な場所となっている。

ケニア共和国の世界遺産


[宿泊]京都
[宿泊]奈良
[宿泊]熊野古道
[宿泊]白川郷


国選択:アルジェリア ウガンダ エジプト・アラブ エチオピア ガーナ カーボベルデ ガボン カメルーン ガンビア ギニア ケニア コートジボワール コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 ジンバブエ スーダン セーシェル セネガル タンザニア チャド チュニジア トーゴ ナイジェリア ナミビア ニジェール ブルキナファン ベナン ボツワナ マダガスカル マラウイ マリ モーリシャス モーリタニア モザンビーク モロッコ リビア 中央アフリカ 南アフリカ 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:298,000円 ~