トップ世界遺産の紹介アフリカ → エチオピア連邦民主共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

ハラル・ジュゴル歴史的要塞都市

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称ハラル・ジュゴル歴史的要塞都市
Harar Jugol, the Fortified Historic Town
種別文化遺産 / (ii)(iii)(iv)(v)
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(v)ある文化を特徴づける伝統的集落や土地・海洋利用、人類と環境の相互作用を示す例である。特に存続が危うい場合。
2006年
エチオピア連邦民主共和国
(首都:アディスアベバ 言語:アムハラ語、英語 通貨:ブル 独立年月日:-)
場所緯度:9.31  経度:42.14
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:なし~
概要ハラールは、サバンナと砂漠に囲まれた高原にある歴史的な都市で、その町並みが世界遺産に登録されています。

ハラールには、ジュゴルと呼ばれる城壁に囲まれています。城壁は、13~16世紀にかけて建設されました。 ジュゴル内の市街地には、メドハネ・アレム大聖堂、ジャミ・モスクに代表される82のモスクと、102の神殿が現存しています。

現在の迷路のよう細い路地を持つハラールの町並みは、ハラリの王国の首都となった16世紀に形成されました。17世紀には独立した国となり、19世紀までは、貿易とイスラム教のメッカとして栄えました。 その後、いったん、エジプトの支配下になった後、エチオピアの支配下にはいりました。

ハラールの町並みを形成している家屋は3タイプに分類されます。
  • 1.伝統的な家
      中庭と3部屋から構成されるタイプです。
  • 2.インド商人の家
      2階建てでベランダがあるタイプです。
      1887年以降、インド商人が建設しました。
  • 3.その他の家
      1と2の特徴をあわせ持つタイプです。

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産


[宿泊]京都
[宿泊]奈良
[宿泊]熊野古道
[宿泊]白川郷


国選択:アルジェリア ウガンダ エジプト・アラブ エチオピア ガーナ カーボベルデ ガボン カメルーン ガンビア ギニア ケニア コートジボワール コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 ジンバブエ スーダン セーシェル セネガル タンザニア チャド チュニジア トーゴ ナイジェリア ナミビア ニジェール ブルキナファン ベナン ボツワナ マダガスカル マラウイ マリ モーリシャス モーリタニア モザンビーク モロッコ リビア 中央アフリカ 南アフリカ 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:なし~