トップ世界遺産の紹介ヨーロッパ → イギリス
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

コーンウオールとデヴォンの鉱山風景

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称コーンウオールとデヴォンの鉱山風景
Cornwall and West Devon Mining Landscape
種別文化遺産 / (ii)(iii)(iv)
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
2006年
イギリス
(首都:ロンドン 言語:英語 通貨:英ポンド 独立年月日:-)
場所緯度:50.14  経度:-5.38
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:なし~
概要

コーンウオールとデヴォンは、イギリス南西部の州です。

コーンウオールとデヴォンでは、18世紀から19世紀にかけて、銅や錫(スズ)の採掘が行われていました。 一時は、世界の銅の2/3がコーンウオールとデヴォンで生産されていました。 このため、鉱業の発展に伴い、一帯では、鋳造所、輸出のための港湾、住宅地などが整備されました。 また、コーンウオールとデヴォンで使用されていた鉱業用の産業機械とその技術は、その後、世界中の鉱山で使用されるようになりました。

当時構築された建築物や一帯の景観は、「コーンウォールと西デヴォンの鉱山景観」として2006年に世界遺産に登録されました。

イギリスの世界遺産


[宿泊]沖縄市内
[宿泊]屋久島


国選択:アイスランド アイルランド アゼルバイジャン アルバニア アルメニア アンドラ イギリス イタリア ウクライナ エストニア オーストリア オランダ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア サンマリノ スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア セルビア・モンテネグロ タジキスタン チェコ デンマーク ドイツ ノルウェー バチカン ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベラルーシ ベルギー ポーランド ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル マケドニア マルタ ラトビア リトアニア ルーマニア ルクセンブルグ ロシア 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:なし~