トップ世界遺産の紹介中東 → レバノン共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

アンジャル

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称アンジャル
Anjar
種別文化遺産 / (iii)(iv)
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
1984年
レバノン共和国
(首都:ベイルート 言語:アラビア語、英語、仏語 通貨:レバノン・ポンド 独立年月日:1943/11/01)
場所緯度:33.73  経度:35.93
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:259,000円 詳細
概要概要
アンジャルは、イスラム国家であるウマイヤ朝によって建設された都市の一つである。また、アンジャルはレバノンに残る唯一のウマイヤ朝時代の遺跡である。アンジャルは、714年ごろに、当時のカリフ(指導者)のアル・ワリード一世によって建設された。かつては、要塞、ローマ式の公共浴場、住居、モスクなどがあったとされている。

ウマイヤ朝の概略
ムハンマド(マホメット 570頃~632)の死後、イスラム教徒はカリフと呼ばれる指導者を選んだ。そして、カリフの指導のもと、ジハード(聖戦)と呼ばれる戦争をはじめ、領地を拡大する。661年に第4代のカリフであるアリーが暗殺されると、シリア総督のムーアウィヤがウマイヤ朝をダマスカス(現在のシリアの首都)に設立した。その後も、領地拡大は続き、東は唐まで、西はイベリア半島、北アフリカまでを支配した。
近郊
情報

近くの世界遺産
バールベック(39.4km)

レバノン共和国の世界遺産


[宿泊]京都
[宿泊]奈良
[宿泊]熊野古道
[宿泊]白川郷


国選択:アフガニスタン アラブ首長国連邦 イエメン イスラエル イラク イラン オマーン カタール サウジアラビア シリア・アラブ トルコ バーレーン パレスチナ ヨルダン レバノン 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:259,000円 詳細~