トップ世界遺産の紹介オセアニア → パプアニューギニア
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

クックの初期農業遺跡

概要  地図  写真  ツアー  レビュー  書籍(外部リンク)

名称クックの初期農業遺跡
Kuk Early Agricultural Site
種別文化遺産 / (iii)(iv)
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
2008年
パプアニューギニア
(首都:ポートモレスビー 言語:ピジン語、英語、モツ語 通貨:キナ 独立年月日:1975/09/01)
場所緯度:-5.78  経度:144.33
サイトクックの初期農業遺跡の関連書籍
UNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:なし~
概要クック(クク)の初期農業遺跡は、標高1500mのクク湿地にあります。 クックの初期農業遺跡では、約1万年前に人類が農業を始めた痕跡が残っています。 たとえば、水路跡や農具などが発見されています。 このため、人類の文明の発展を研究する上で、貴重な場所です。 クックの初期農業遺跡は、パプアニューギニア初の世界遺産となりました。

パプアニューギニアの世界遺産


[宿泊]京都
[宿泊]奈良
[宿泊]熊野古道
[宿泊]白川郷


国選択:オーストラリア キリパス ソロモン諸島 ニュージーランド バヌアツ パプアニューギニア パラオ フィジー諸島 マーシャル諸島 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:なし~