トップ > 地域選択 > 中東 > バーレーン王国 > カラート・アル-バーレーン考古遺跡

カラート・アル-バーレーン考古遺跡

概要  ツアー  レビュー

名称バーレーン要塞
カラート・アル-バーレーン考古遺跡
Qal’at al-Bahrain – Ancient Harbour and Capital of Dilmun
種別文化遺産 / (ii) (iii) (iv) 
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
2005年
バーレーン王国
(首都:マナーマ 言語:アラビア語 通貨:バーレーン・ディナール 独立年月日:1971/08/01)
場所緯度:26.23  経度:50.52
サイトUNESCOの公式サイト
概要カラート・アル-バーレーン考古遺跡は、テル(先史人の集落)の代表例です。ここには、紀元前2300年代から16世紀まで、人が住んでいました。発掘の結果、居住地域、商業地域、軍事地域、宗教地域などがあったことが分かりました。
近郊
情報

近くの世界遺産
真珠を中心とする島嶼経済の証明(9.2km), ディルムン埋葬塚(9.3km)




ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)