タスマニア原生地域 概要

概要  動画  地図  商品  レビュー

名称タスマニア原生地域
Tasmanian Wilderness
種別複合遺産 / (iii) (iv) (vi) (vii) (viii) (ix) (x) 
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
(vii)類例を見ない自然美がある。
(viii)地球の歴史(生命進化,地形形成etc)の顕著な例である。
(ix)進行中の生態学的・生物学的過程の代表例である。
(x)生物の多様性の保全にとって、重要な自然の生育地を含む。
1982年
オーストラリア連邦
(首都:キャンベラ 言語:英語 通貨:オーストラリア・ドル 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:-41.58  経度:145.42
関連
動画
タスマニア原生地域(2021-09-06)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要タスマニア原生地域は、オーストラリア南東のタスマニア島にあります。タスマニア島の海岸では、激しい氷河作用によって生じた壮大な風景が、みられます。そして、タスマニアには、100万ヘクタールもの面積を誇る熱帯雨林が存在します。また、タスマニアの石灰石洞窟では、20,000年以上前の人類の痕跡が見つかっています。

ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)