コモエ国立公園

概要  ツアー  レビュー

名称コモエ国立公園
Comoe National Park
種別自然遺産 / (ix) (x) 
(ix)進行中の生態学的・生物学的過程の代表例である。
(x)生物の多様性の保全にとって、重要な自然の生育地を含む。
1983年
コートジボワール共和国
(首都:ヤムスクロ 言語:仏語 通貨:CFAフラン 独立年月日:1960/08/01)
場所緯度:9.00  経度:-4.00
サイトUNESCOの公式サイト
概要コモエ国立公園は、西アフリカでは最も大きい部類の保護地域です。コモエ国立公園の植生は、サバンナが中心で、熱帯雨林が点在しています。コモエ国立公園は、植物の多様性に特徴付けられます。コモエ国立公園は、コモエ川の存在によって、通常は、はるか南に見られる植物が生息しています。また、動物も多様な種が生息し、かつては、象狩りの場所として、知られていました。



ページトップに戻る