トップ > 地域選択 > ヨーロッパ > ギリシャ共和国 > テッサロニキの初期キリスト教やビザンチン様式の建物群

テッサロニキの初期キリスト教やビザンチン様式の建物群 概要

概要  動画  地図  商品  レビュー

名称テッサロニキの初期キリスト教やビザンチン様式の建物群
Paleochristian and Byzantine Monuments of Thessalonika
種別文化遺産 / (i) (ii) (iv) 
(i)人類の創造的才能を表す傑作である。
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
1988年
ギリシャ共和国
(首都:アテネ 言語:ギリシャ語 通貨:ユーロ 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:40.64  経度:22.97
関連
動画
ヨハネス・コムネノス・ドゥーカス (エピロス・テッサロニキ専制公)(2021-12-21)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要エーゲ海北岸のギリシャ第2の都市。アレキサンダー大王の妹の名にちなんで名付けられた。紀元前315年建設された後、マケドニアの首都となり、陸海交通の要衝として発展した。聖パウロが初期キリスト教を伝えたこともあり、ロトンダ(聖イヨルイヨス)聖堂、5世紀半ばにはアヒロピコトス教会、オシオス・ダビド教会など初期キリスト教の教会が残っている。その後、東ローマ帝国第2の都市として繁栄し、聖ディミトリオス聖堂、アヒロピトス聖堂、聖ソフィア聖堂が初期ビザンチン建築として、末期建築としては聖使徒聖堂、聖エカテリーニ聖堂などが残っている。
近郊
情報

近くの観光地

テッサロニキ(8.1km), ディオンの遺跡(10.9km), ベリヤ(65.6km), ベルギナ(118.7km), メテオラ修道院(149.1km)


ページトップに戻る