トップ > 地域選択 > アフリカ > ニジェール共和国 > アイルとテネレの自然保護区群

アイルとテネレの自然保護区群

概要  動画  商品  レビュー

名称アイルとテネレの自然保護区群
Air and Tenere Natural Reserves
種別自然遺産 / (vii) (ix) (x) 
(vii)類例を見ない自然美がある。
(ix)進行中の生態学的・生物学的過程の代表例である。
(x)生物の多様性の保全にとって、重要な自然の生育地を含む。
1991年
ニジェール共和国
(首都:ニアメ 言語:仏語、ハウサ語 通貨:CFAフラン 独立年月日:1960/08/01)
場所
(地図)
緯度:18.00  経度:9.00
関連
動画
アイル山地(2021-07-31)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要アイルとテネレの自然保護区群は、ニジェールの北部に位置する広大な世界遺産です。アイルとテネレの自然保護区群は、テネレ砂漠と2000m級のアイル山岳地帯を含みます。テネレ砂漠は、サハラ砂漠の一部です。アイルとテネレの自然保護区群では、多種多様な風景、植物、野性動物が見られます。


ページトップに戻る