トップ > 地域選択 > 中東 > オマーン国 > アラビア・オリックスの保護区

アラビア・オリックスの保護区

※現在は世界遺産から除外されています。

概要  ツアー  レビュー

名称アラビア・オリックスの保護区
Arabian Oryx Sanctuary
種別自然遺産 / x
1994年
オマーン国
(首都:マスカット 言語:アラビア語 通貨:オマーン・リアル 独立年月日:-)
場所緯度:19.70  経度:57.00
サイトUNESCOの公式サイト
概要アラビア・オリックスの保護区は、1972年に野生種が絶滅したアラビア・オリックスの保護地域です。アラビア・オリックスは、白い体と黒い長い角を持つ牛科の動物で、ユニコーンのモデルとなりました。アラビア・オリックスの保護区は、オマーン中部の砂漠および沿岸部の丘陵地帯に位置する世界遺産です。一帯は非常に乾燥した気候ですが、季節的な霧の発生がもたらす水分によって、固有種を含む植物が生息しています。また、一帯には、オオカミ、アナグマ、ガゼル等の哺乳類も生息しています。



ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)