トップ > 地域選択 > 南アメリカ > コロンビア共和国 > サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区

サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区 概要・地図

概要  動画  商品  レビュー

名称サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区
Historic Centre of Santa Cruz de Mompox
種別文化遺産 / (iv) (v) 
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(v)ある文化を特徴づける伝統的集落や土地・海洋利用、人類と環境の相互作用を示す例である。特に存続が危うい場合。
1995年
コロンビア共和国
(首都:ボゴタ 言語:スペイン語 通貨:コロンビア・ペソ 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:9.23  経度:-74.43
関連
動画
サンタ・クルス・デ・モンポス(2021-09-07)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要カリブ海に面した港町カルタヘナから南へ248kmマグラレナ河畔に1540年に建設された港町で、スペインの南アメリカ征服の礎になった植民都市である。街のメインストリートが防波堤の一部を兼ねており、水運、交易の中心地として栄えたが、18世紀に川の流れが変わったため、その機能は失われた。防波堤は下部にアーチを持つ壮大なもの。また八角形のムア風の塔が印象的なサンタ・バーバラ教会など当時の面影の偲ばれる建築群が残っている。


ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)