トップ > 地域選択 > アフリカ > チュニジア共和国 > イシュケル国立公園

イシュケル国立公園

概要  ツアー  レビュー

名称イシュケル国立公園
Ichkeul National Park
種別自然遺産 / (x) 
(x)生物の多様性の保全にとって、重要な自然の生育地を含む。
1980年
チュニジア共和国
(首都:チュニス 言語:アラビア語、仏語 通貨:チェニジア・ディナール 独立年月日:1956/03/01)
場所緯度:37.16  経度:9.67
サイトUNESCOの公式サイト
概要イシュケル湖は、多くの渡鳥(アヒル、ガチョウ、コウノトリとピンクフラミンゴ)のための主要な短期滞在のための場所です。渡鳥は、イシュケルで、餌を食べ、巣を作ります。イシュケルは、かつて北アフリカ一帯に広がっていた湖のうち、現存する最後のひとつです。
近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
バルドー博物館(56.9km), カルタゴの遺跡(67.1km), シディブ・サイド(67.4km), ドゥガ遺跡(91.8km), ザグアン(94.0km), ブラ・レジア遺跡(108.0km)




ページトップに戻る