世界遺産の紹介:クレーター編

全世界遺産の中には、いろいろ変わった物件があります。その中でも自然の壮大さを感じることのできるクレーター関連の物件を紹介します。

ンゴロンゴロ保護区

概要 レビュー

ンゴロンゴロ保護区はアフリカのタンザニアに位置する世界遺産です。ンゴロンゴロ保護区のクレーターは、火山活動と土地の沈下によって形成されたものです。このクレーターの凄いところは、

  1. 1. 巨大!深さ600m半径10km。
  2. 2. 自然と動物の宝庫!象からライオンまで生息。
  3. 3. 航空写真からクレーターの形が鮮明にわかる。
  4. 4. 名前がンで始まる!しりとりの根本をゆるがしかねません。
です。ンゴロンゴロ保護区のクレーター内部の観光が可能なので、是非一生に一度は訪れてみたいものです。

フレーデフォート・ドーム

概要 レビュー

フレーデフォート・ドームは、南アフリカに位置する世界遺産です。フレーデフォート・ドームのクレーターは、隕石の衝突によって形成されました。このクレーターの凄いところは、

  1. 1. ンゴロンゴロのクレーターよりもっと巨大!半径190km!
  2. 2. 衝突時の痕跡が残っている!
しかし、航空写真でみても、その様子がはっきりとはわからず、ちょっと残念ではあります。



ページトップに戻る