トップ世界遺産の紹介ヨーロッパ → ベラルーシ共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

シュトルーヴェの測地弧

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称シュトルーヴェの測地弧
Struve Geodetic Arc
種別文化遺産 / (ii)(iv)(vi)
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2005年
ベラルーシ共和国
(首都:ミンスク 言語:ベラルーシ語、ロシア語 通貨:ベラルーシ・ルーブル 独立年月日:1991/08/01)
場所緯度:58.38  経度:26.72
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:なし~
概要シュトルーヴェの測地弧とは、ウクライナ、エストニア、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ベラルーシ、モルドバ、ラトビア、リトアニア、ロシアの10カ国、2800km以上にわたって設置された三角測地点の連なりを指します。ドイツ系ロシア人の天文学者シュトルーヴェは、この測地点を用いた1816~1855年の調査によって、長距離の1経線の距離を正確には計測することに、初めて成功させました。この測量は、地球科学の発展および地形図の作成に、大きく役立ちました。

ベラルーシ共和国の世界遺産


[宿泊]沖縄市内
[宿泊]屋久島


国選択:アイスランド アイルランド アゼルバイジャン アルバニア アルメニア アンドラ イギリス イタリア ウクライナ エストニア オーストリア オランダ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア サンマリノ スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア セルビア・モンテネグロ タジキスタン チェコ デンマーク ドイツ ノルウェー バチカン ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベラルーシ ベルギー ポーランド ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル マケドニア マルタ ラトビア リトアニア ルーマニア ルクセンブルグ ロシア 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:なし~