トップ > 地域選択 > 中東 > アフガニスタン・イスラム共和国 > バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群 概要

概要  動画  地図  商品  レビュー

名称バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群
Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley
種別文化遺産 / (i) (ii) (iii) (iv) (vi) 
(i)人類の創造的才能を表す傑作である。
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2003年
アフガニスタン・イスラム共和国
(首都:カブール 言語:パシュトゥー語、ダリー語 通貨:アフガニー 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:34.85  経度:67.83
関連
動画
今日のお昼はサッカー中国戦なのでバーミヤン(2022-01-28)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要バーミヤン遺跡は、岩山の渓谷にある仏教遺跡で、首都カブールの西500kmに位置します。一帯では、1世紀から13世紀にかけて、バクトリア王国によって、石窟や巨大な大仏が建設されました。特に、巨大な2体の大仏(高さ55mと38m)が有名でしたが、2001年3月タリバンによって破壊されました。

ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)