トップ世界遺産の紹介アジア → インド
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

チャンパネール・パヴァガドゥ考古公園

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称チャンパネール・パヴァガドゥ考古公園
Champaner-Pavagadh Archaeological Park
種別文化遺産 / (iii)(iv)(v)(vi)
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(v)ある文化を特徴づける伝統的集落や土地・海洋利用、人類と環境の相互作用を示す例である。特に存続が危うい場合。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2004年
インド
(首都:デリー 言語:ヒンディー語、英語、ほか憲法公認語17 通貨:ルピー 独立年月日:1947/08/01)
場所緯度:22.48  経度:73.53
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:187,900円
概要チャンパネールはインド西部の町で、パヴァガドゥ山はチャンパネールの南西4kmに位置します。チャンパネールは、4世紀よりヒンドゥー教徒の町でしたが、15世紀末にイスラム教徒に支配されました。このため、チャンパネールには、インドとイスラムの建築様式が融合したイスラム教モスクがあります。一方、パヴァガドゥ山には、ヒンドゥー教寺院が残っており、現在も、多くの巡礼者が訪れています。

インドの世界遺産


[宿泊]京都
[宿泊]奈良
[宿泊]熊野古道
[宿泊]白川郷


国選択:インド インドネシア ウズベキスタン カザフスタン カンボジア キルギス スリランカ タイ トルクメニスタン ネパール パキスタン・イスラム バングラデシュ フィリピン ベトナム マレーシア ミャンマー モンゴル ラオス 韓国 中国 北朝鮮 日本 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:187,900円 ~