トップ > 地域選択 > 中東 > オマーン国 > バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群

概要  ツアー  レビュー

名称バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群
Archaeological Sites of Bat, Al-Khutm and Al-Ayn
種別文化遺産 / (iii) (iv) 
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
1988年
オマーン国
(首都:マスカット 言語:アラビア語 通貨:オマーン・リアル 独立年月日:-)
場所緯度:23.25  経度:56.75
サイトUNESCOの公式サイト
概要首都マスカットの西240kmのソハール近郊のイブルから30kmにあるバットと周辺のアル・フトゥム、アル・アインに点在する。紀元前2500年頃からアフダル山地の銅の採掘でメソポタミア文明を支えたと言われる謎の民族が建国したマガン国の住居集落や蜂の巣状の墳墓など青銅器時代の遺跡が残る。
近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
バフラ(62.2km), ニズワ(83.5km)




ページトップに戻る



世界遺産クイック検索
種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)