トップ世界遺産の紹介ヨーロッパ → ドイツ連邦共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

ブレーメンの市場広場にある市庁舎とローラント像

概要  地図  写真  ツアー  レビュー  書籍(外部リンク)

名称ブレーメンの市場広場にある市庁舎とローラント像
Town Hall and Roland on the Marketplace of Bremen
種別文化遺産 / (iii)(iv)(vi)
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2004年
ドイツ連邦共和国
(首都:ベルリン 言語:独語 通貨:ユーロ 独立年月日:-)
場所緯度:53.08  経度:8.81
サイトブレーメンの市場広場にある市庁舎とローラント像の関連書籍
UNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:119,500円
概要ブレーメンはドイツ北部の都市です。1358年にハンザ同盟に加わってから、特に経済的、政治的に発展しました。ブレーメンの市庁舎は、ハンザ同盟加入後の1405年~1410年に建設されました。支庁舎は、もともとはゴシック様式の建築物でしたが、17世紀にはルネサンス様式に修繕されました。支庁舎前のマルクト広場にあるローラント像は、1404年に建設された高さ5.5mの像です。ローラント像は、市民自治の象徴とされています。ローラント像および支庁舎は、世界遺産に登録されています。[ミニ情報]支庁舎近くの「ブレーメンの音楽隊の像」のロバの足に触れた人には、幸福がおとずれるそうです。
近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
メルヘン街道(0.2km), ハンブルク(95.0km), ハノーファー(101.0km)

ドイツ連邦共和国の世界遺産


[宿泊]知床
[宿泊]屋久島
[宿泊]白神山地


国選択:アイスランド アイルランド アゼルバイジャン アルバニア アルメニア アンドラ イギリス イタリア ウクライナ エストニア オーストリア オランダ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア サンマリノ スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア セルビア・モンテネグロ タジキスタン チェコ デンマーク ドイツ ノルウェー バチカン ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベラルーシ ベルギー ポーランド ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル マケドニア マルタ ラトビア リトアニア ルーマニア ルクセンブルグ ロシア 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:119,500円 ~