トップ世界遺産の紹介ヨーロッパ → ドイツ連邦共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

ハンザ同盟都市リューベック

概要  地図  写真  ツアー  レビュー  書籍(外部リンク)

名称ハンザ同盟都市リューベック
Hanseatic City of Lubeck
種別文化遺産 / (iv)
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
1987年
ドイツ連邦共和国
(首都:ベルリン 言語:独語 通貨:ユーロ 独立年月日:-)
場所緯度:53.87  経度:10.69
サイトハンザ同盟都市リューベックの関連書籍
UNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:87,500円
概要「バルト海の女王」または「ハンザの女王」と呼ばれ、13~14世紀にかけてハンザ同盟の盟主として繁栄を極めたリューベックはドイツ北東部バルト海に注ぐトラーヴェ川の中州にある。ここはバルト海産の鰊、塩、更には北ヨーロッパの商業取引の中心を成し、強力な資本家や商人が集まる地であった上に、1180年皇帝直轄領となり、自治権を与えられて、独立国家に近い自治都市として発展した。外敵から商業活動を守るために結んだのがハンザ同盟である。町全体が中世の博物館である。町の入り口には1つの尖塔をモツホルステイン門、当時は「白い金」と呼ばれた塩の貯蔵用倉庫群、L字型の市庁舎、聖マリア教会など文化財の宝庫である。
近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
リューベック(0.6km), ハンブルク(57.8km)

ドイツ連邦共和国の世界遺産



国選択:アイスランド アイルランド アゼルバイジャン アルバニア アルメニア アンドラ イギリス イタリア ウクライナ エストニア オーストリア オランダ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア サンマリノ スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア セルビア・モンテネグロ タジキスタン チェコ デンマーク ドイツ ノルウェー バチカン ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベラルーシ ベルギー ポーランド ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル マケドニア マルタ ラトビア リトアニア ルーマニア ルクセンブルグ ロシア 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:87,500円 ~